ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 増井真也日記top

増井真也日記

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2019/11/05

朝礼終了後、東京都豊島区にて進行中の本納寺の現場の確認へ向かう。お寺の本堂の瓦の葺き替え工事ということで、まず初めに屋根の足場をかけるところからのスタートである。住宅のように枠組み足場が使えるわけではなく、単管パイプを組み立ててその上に足場板やベニヤを敷きならべるというような昔ながらの足場の作り方を採用している。大きな屋根を支える軒の出が大きかったり、お墓の方に行くための安全通路を確保しなければいけなかったりの事情もこの工法ならば解決できるというわけだ。

僕も屋根の上の宝珠のところまで登ってみたが、本当のてっぺんまで登ってみると予想以上に高く感じる。実際の高さは10mほどだろうか、この視点まで来ると遠くの方までよく見えるから気分が良い。足がすくむ感覚というのはあんまり味わうことが無いけれど、さすがにちょっと怖かったのでロープをつたって降りることにした。宝珠は鋳物でできている上に、銅板で仕上げの装飾を施している。これを瓦製の宝珠に丸ごと交換するか、はたまた鋳物の芯の部分は残して銅板の装飾だけを張り替えるか、試案のしどころである。

20191105.jpg

夜、東京都文京区にて新築住宅を検討中のKさん打ち合わせ。今日は第1回目のプレゼンテーションということで、Kさんご自身が造ったプランをトレースしたものを用いて、配置やプラン、ボリューム等のお話をさせていただいた。

2019/11/04

昨日からの福島県土湯温泉旅行二日目。自然の中にあるこじんまりとした湯を満喫し、今日は福島県の磐梯山周辺の観光をして帰ることにした。まずは先日の建築士事務所協会の旅行でも足を運んだ浄土平という火口に行ったのだけれど、何度見てもなんとなく背筋に寒気が走るような恐ろしさを感じてしまう場所である。浄土平のパーキングから数百メートル先には硫黄の煙が噴き出している山肌が見えるし、そこらじゅう一帯が硫黄の匂いで充満しているし、火口はすり鉢状のいかにもの火口だし。火山性ガス注意!!なんていう看板があちらこちらにあるけれど、そんなもの関係なしに観光客が大勢いるのもこれでよいの?の気分になる。ここでもし噴火が起きたらなんて想像をしてしまうと、何とも不安になってくるのだけれど、こういう自然の変化が豊かさとなって日本の風土が造られてきたこともまた認識しなければいけない事実であるから、自然の恩恵と脅威を同時に感じるのである。

続いて五色沼へ足を運ぶ。ここは火山の成分の影響で様々な色の沼があるところで、特に青沼の鮮やかさに目を惹かれた。ここにも熊注意!!の看板があちらこちらについているのだけれど、これまた注意するったってどうしようもないわけで、再びの疑問を感じながらの散策であった。日本人は危険を周知しながらも対策をすることなしにそれを受け入れる人種なのか???と思うような光景ともとれるし、そこまで注意しなくともそれほど危険がないのに、過剰に看板などを付けすぎているのかなあなどと考えたりもする。現に僕が中学生の時に山岳部の所属していて北海道の大雪山で熊と出会った時には、そこにいた登山者は皆熊と出会えたことを歓び、写真を撮っていた。熊も何かをむしゃむしゃ食べていたけれど、襲ってくるような雰囲気はまるで見せなかった。今から30年ほど前であるが、まだ自然と人間の間に互いに入り込まない領域のようなものがあったのかもしれないし、野生の動物が人間の食料などを味わうこともなかったのかもしれない。

とまあこんなことをずーっと考えていても仕方がないので、自然を満喫することにする。僕も現実逃避の観光客になるしかないのだ。ひとたびそうなれば、ここには素晴らしい自然がある。コケも綺麗だし、沼も綺麗だ。空気もとても綺麗で澄んでいる。豊かな自然をこの先も守っていきたい、そんな気持ちが湧いてくるのである。

20191104.jpg

20191104-2.jpg

2019/11/02

午前中は埼玉県坂戸市にて設計中のYさんの家の打ち合わせ。確認申請の作業を進めながら、金額調整の最後の打ち合わせである。この住宅では内装にビニルクロスを使いたくないというクライアントの意向もあって、大部分の壁にはいわゆるペンキ仕上げを採用している。リビングに面する一部の壁にはモルタルをセルフビルドで施工する予定で、この壁には米松の梁の半割を分厚い棚板として利用する予定である。ペンキ仕上げの部分はシャープな仕上がりそして、それとは対照的なモルタル仕上げのざらざら感を対比的に楽しむことができればよなあと考えている。

これだけモノがあふれている時代において、デザインというのはいろいろな新しいものを組み合わせる事ではなく、いかに余計なものを省いていった結果に何が見えるかという逆説的なアプローチによってのほうが良いものができると思う。途中ちょっとごちゃごちゃした仕上げも、最終的にはきれいに整理されたようで何よりである。いよいよ工事に向けてカウントダウン、楽しみながら進めていきたい。

2019/11/01

今日で45歳を迎える。なんだかいつの間にか年を取ったなあと感じる年が多いのだけれど、45歳というのはそういう感覚になりにくいようで、今年は全く自分の年齢を感じることはなかった。男性の厄年は、25歳42歳と続くけれど、特に大厄と呼ばれる42歳は良くないことが起きる可能性が高いといわれている。加齢による体調の変化とか事故などのアクシデント、この年齢だと子供に関する悩みをあるかもしれないけれど、とにかくいろいろなことを背負っている年齢の始まりのころであるからして、トラブルも起きやすいのかもしれない。そしてその厄年を、多少の健康問題を感じながらも禁煙をしたりの努力の末に、なんとなく無事に通り過ぎることができた僕の場合、45歳になって改めて感じるプレッシャーというものは少なくなってきたのかなあと思うのである。

近所の旧知の75歳の元千葉大学の教授からお母さんの避難器具の製作を相談されている。木造2階建ての住宅内で、水害の発生時に垂直非難をする際にお母さんをおんぶして階段を上がることは厳しい。避難場所に避難をするにも実際に事前の避難をすることができるかどうか不安である。先日の水害の時に、足の不自由なご主人が奥様に世話になったなあの言葉を残し他界したというニュースがあったが、老々介護の状態の家庭では、深刻な問題なのだ。木造住宅の床に穴をあけることは比較的たやすい。2階の天井からチェーンブロックをたらし、ワイヤーモッコで釣り上げれば滑車の原理を利用し小さな力でも垂直避難が可能である。しかもアマゾンで250キロのチェーンブロックを探してみれば、1万円以下で購入することができるではないか。これは安い避難装置だ。

僕と元教授の出会いは18年前である。まだ駆け出しのころに、珪藻土っているのはこんなに健康に良いですよという文章を書き、家庭のポストに勝手に配布させていただいたものを呼んでいただき、当時東大生だったお嬢様からご連絡をいただいて、実際に珪藻土のリフォームをさせて頂いたことがきっかけだった。そのお嬢様は、現在アメリカで弁護士としてご活躍である。奥様は順天堂大学の先生だったがすでに他界された。長く同居していた長女はご結婚して家を出られたようだ。一家でのにぎやかな暮らしを経て再びお母さんと二人になって、それでもこうしてご相談いただけることに何となくありがたさを感じる。住宅に係る建築家は町医者のごとき存在であると思っている。建築を造るという実業を営みつつも、思想を重んじ、ことにあたるときには意を決して実行にあたるというスタンスはとても大切に思う。

小林秀雄の言葉にこんなものがある。
「実行家として成功する人は、自己を押し通す人、強く自己を主張する人と見られがちだが、実は反対に彼には一種の無私がある。空想は孤独でもできるが、実行は社会的なものである。有能な実行者はいつも自己主張より物の動きの方を尊重しているものだ。現実の新しい動きが看破されれば、直ちに古い解釈や知識を捨てる用意のある人だ。モノの動きに準じて自己を日に新たにするとは一種の無私である。・・・」

町医者的な建築家は、まさにクライアントの意向や時代の要請に合わせて、行動の内容を変化させる必要がある。というよりも建築家という職能自体が芸術と時代の要請とにこたえつつ、人々の生活を豊かで安心なものとすることが求められているのだから当然といえば当然なのだ。意識的で思想を持つ人間でありたいと思うと同時に、無私の精神を備える建築家としてこれからも誰かの役に立っていきたいと思うのである。

今夜は、恩師の石山修武先生と会食をした。世田谷村地下実験工房の近くにあるイタリアンで二人でワインを2本も飲んでしまった。なんだかこれはこれで思い出に残る誕生日となった。

20191101.jpg

2019/10/29

11時より、埼玉県川口市にて計画中のMさんの家の地鎮祭に参加した。ますいいからは僕を含めて4名、Mさんご家族はご両親を含めて5名、合計9名での地鎮祭である。神主さんは川口氷川神社からお越しいただいたので、いつも顔を合わせている慣れ親しんだメンバーでの和やかな開催であった。地鎮祭というのは土地の神様にこれから家を建てることをご報告し、工事の安全や家族の繁栄・健康を祈念するための神事である。少々の雨が降っていはいたものの、無事に執り行うことができて何よりであった。

地鎮祭が終わると、ご家族の皆様とご一緒にますいいスタッフもお招きいただいての食事会に参加させていただいた。会場は川口市の東川口というところにある「さやそよ」さんというレストランである。昔からいるシェフが変わって、若いフレンチとイタリアンのシェフが二人でお料理を作っているということだが、なかなかおいしい和洋折衷のコース料理をいただいた。お祝いの神事の後に美味しい料理である。何とも幸せな一日であった。

2019/10/28

午前中は各プロジェクト打ち合わせ。

15時、埼玉県川口市にて検討中の鉄筋コンクリート5階建て集合住宅のリノベーション打ち合わせ。今回の計画では、まずは耐震診断を行ってから耐震補強の設計を行う予定である。IS値0.6という耐震補強の基準を満たすことができるかどうかは、本格的に計算をしてみないとわからないけれど、少なくとも今よりも建物の強度を強くすることができる計画は造るつもりである。

何でもかんでも壊して建て直すということはすべきではない。でも、この事例でも初めにクライアントのHさんからお電話をいただいた時は、新築への建て直しの内容であった。確かに築年数がある一定年数以上となれば、壊してしまうほうが楽であるし、クライアントがそう考えてしまう理由としては、僕の前に耐震診断を依頼した構造設計事務所からの取り壊しのアドバイスがあったそうである。技術者としては、そういう風に怪しい建物は取り壊すほうが明らかに楽だし、構造強度だってそのほうがより強くなるのは明確であるから仕方がないのかもしれない。

最近ニュースをにぎわしているティーンエイジャ-達による環境問題への訴えを持ていると、彼らの言う言葉の中で「私たちの未来のためには大人たちの理解と力が必要である」という部分にどうしても心を奪われるのである。建築だけが環境を破壊しているわけではない。飛行機だって、車だって、プラスチックの問題だって・・・僕たちの身の回りにあって少しずつでも取り組むことができることはたくさんあると思う。でも建築はとても大きな存在である。古い建築を壊すことをやめることができて、後10年でも20年でも長く使おうという発想を持てたら、それはきっと子供たちの将来を守る行動の一つになるような気がするのである。僕たちの英知と努力は、今の状況を少しでも良くするほうに使うべきだと信じて取り組んでいきたいと思う。

2019/10/26

今日は朝一番から、年に一度川口市内で開催されてる川口市産品フェアに参加した。ますいいも毎年ブースを出展しているが、今年は現在準備をしているプロジェクトの展示を行うこととした。

毎年恒例の子供向けの作り物は折り紙建築である。カッターで決められた線を切って山折り谷折りをすると、建築が現れるという代物だが、これが意外と子供たちに受けが良い。少々難しいかなあの感もあったが、小学生くらいになれば楽しみながら作れるようだ。このフェアは川口市内の企業と行政、企業同士、この町に暮らす人たちと企業という出会いの場として設えられている。毎年多くの参加者がブースを出し、そこに多くの人々が来場してくれるわけだが、町の人々が街の会社を知る機会をこんな風に作っている町は意外と少ないような気がする。会社によっては社長の故郷の山梨県のワインやぶどう、なぜかイセエビまでふるまっている様子を見ると、これは町の企業の意地の張り合いの様相も呈している気がする。町おこし、経営者としての気概や強い思い、そんなものが渦巻く楽しい?祭りなのである。

2019/10/23

ますいいでは土間のある家を造ることが多い。玄関からつながるスペースだったり、リビングの目の前が土間になっていたり、そもそもリビング自体が土間になっている住宅だったり、その範囲や用途は様々である。土間というともともとは農家の作業スペース、つまりは日常的な台所作業や家畜の世話、収穫した作物の保管などを行う場所として利用されていたもので、読んで字のごとくまさに土を突き固めた仕上げで造られていた。古民家などの保存がされている場所を見学に行くと今でも見ることができるが、半分外のような場所であった。そもそも昔の木造住宅は板一枚で外と内が隔てられていただけのようなものが多く、風は吹きこむし、雪も吹き込む、その境界は非常にあいまいであったのだ。

都市型住宅の場合、どうしても外と内は全く別のものとして扱われることが多い。でも庭で育てた野菜を・・・とか、緑道との関係を柔らかくつなげながら・・・などのようにその境界をあいまいにすることで得ることができる暮らしの豊かさがある。善福寺の家では玄関から裏側の緑道側まで貫くように土間を設けた。今は羽目殺し窓で隔てられているけれど、いづれはここで通りすがりの人々に向けてカフェのようなお店をやれるかもしれないといったあいまいさを生み出すために設えられたスペースである。

ちなみにこの土間のコンクリートの中には温水が通るためのチューブが埋め込まれており、じっくりと温めることができる床暖房機能として利用されている。この手法は北海道などの豪雪地帯の駐車場などで利用されているもので、それを住宅に転用した。同じ日本の中でもこのように気候の際に応じた仕上げなどの差違があるから面白い。

20191023.jpg

2019/10/22

今日は天皇陛下の即位礼正殿の儀が執り行われることを国民で祝うという目的で祝日になったそうだ。正直最近までこの事実を知らなかったのだけれど、朝からテレビ局はそのことでもちきりである。パレードに関しては先の台風被害の影響で延期されたそうだが、きっとその時も大勢が祝福のために駆け付けるのだろう。ますいいリビングカンパニーは現場も事務所も通常通りの営業である。午前中は埼玉県草加市にて進行中のYさんの家の現場にて現場管理を行う。すでに大工さんが壁の石膏ボードを貼り始めるところで、天井のシナ合板などの作業は終わっている。今日は階段の工事をしているのだが、玄関扉の上にトンネルのような渡り廊下があってその両側に階段がとりつくという少々変わったつくりなので作業も大変そうである。1時間ほどの打ち合わせを終えて、帰事務所。

16時、9坪ハウスのような狭小住宅を造りたいというKさん打ち合わせ。小さな土地を購入して、家族4人で暮らすための延べ床面積が22坪程度の住宅を検討している。ますいいでは9坪ハウスを2個ほど、そのうち一つは小泉誠さんの作品のレプリカのような形で建てたことがある。もともと最小限住宅として、実験住宅のような形で造られた住宅のモデルを、現代社会に暮らす私たちがどのように暮らすことができるかの提案の中で造られたものだ。
Kさんの場合はまずは土地探しから始めることになる。さてさて、どんな土地が見つかるか楽しみなところだ。

2019/10/19

午前中は千葉県市川市にて新築住宅の検討中のIさんご家族打ち合わせ。今回は2回目のプレゼンということで、前回のプレゼンからの修正案と模型を用いてのご提案をさせて頂いた。この住宅は完全2世帯分離型の住宅で、玄関やお風呂も含めてすべての要素が二つ存在している。当然設備系のコストは2倍かかってしまうけれど、親子で2世帯住宅を造る場合などは、どこの部分まで共有してどこからを分けるかが難しいところ。せっかく一緒に暮らし始めたのに、共有部分のリズムが合わないことが原因でうまくいかなくなってしまっては元もこうもない。震災以降増えた「集まって暮らす」スタイルの住宅を造らせていただく機会がとても多くなったのだけれど、設計をする際には気を付けたい部分なのである。

夕方、新宿柿傳さんにて簡易的な茶会と会食を行わせていただく。ご参加いただいた川口の経済人の方々には和やかで楽しいひと時を過ごしていただけたような気がする。和の文化を誰かに伝えることは、僕にとってなんとなく人生のもう一つのテーマになっているような気もする。初めての試みがうまくいって何よりであった。

2019/10/18

午前中は埼玉県久喜市にて新築住宅を検討中のIさん打ち合わせ。数年前に土地を購入して、でもやっぱりそこの土地で家を建てることはできなくて、そして土地を売却してほかの土地と出会って・・・という結構長い年月を経てのご相談である。こういうご相談はますいいではたまにあることで、以前は土地が少々狭いから隣の土地を買い足すことにしたのだけれど、その土地を購入する資金がたまるまでにもう少し時間がかかるから半年くらい待ってほしいなんて言うエピソードもあったから、なにも驚くことではない。要するにこだわりの家を建てたいと思っていればいるほどに、土地に対するご要望も強くなっていくということなのだ。

夜、来月から工事を開始する予定のMさんとの会食。楽しい時間を過ごさせていただくことができた。

2019/10/16

午前中はちょっと時間があったので運転免許証の更新に出かけた。前回からはゴールド免許なので5年に1回の更新を地元の警察署で行うことができる。会場には20人ほどの人がいて順番を待っているが、そのうち3名は免許証の返納に訪れたようだ。更新をしようとする高齢者の中には視力の検査でよくわからないことになってしまっている人もいるようだ。両目で一つの記号を見て開放されている方向をこたえる検査なのに、左側は右?とか右側は上?とかの返事をしている。両目で見ているのだから、左側は・・・というのは明らかにおかしい。片目の検査を思い出してそんな気分になってしまっているのであろう。これでは合格にできないからと、検査員はもう一度お願いしますと、他の記号を見せているが一向に正解にならない。挙句の果てには、右ですか、左ですか?と聞いてあげる始末。ようやく正解が出ると、ハイいいですよ!!。これで本当に良いのだろうか。

返納しようとしている人はとても冷静に、一つの時期を通り過ぎたことを改めてかみしめているようににも見える。更新しようとしている人の不安そうな感じや無理やりに検査を合格にさせている係官を見ていると、むしろ更新しようとしている高齢者のほうが返納を促したほうがよさそうにも見えた。仕事、生活、それぞれに事情があろうから、そうそう皆が返納できるわkでもなかろうが、僕が3秒で終わる検査に何分間も要するという状況こそがなんか「やばそう」に感じたのである。

午後は事務所にて各プロジェクト打ち合わせなど。

2019/10/14

今日は台風養生の復旧などの作業を行うためにスタッフには出社してもらった。午前中はベニヤの壁をはがしたり、一時的に取り外しておいた看板を取り付けたりの作業を行う。現場の確認は昨日済ませたが、特に何にも被害はなかったようだ。

14時、新宿デザインセンターオゾンにて打ち合わせに参加。埼玉県さいたま市にて新築住宅を検討中のご家族との打ち合わせである。今回は「集まって住む」スタイルの住宅だ。クライアントはご夫婦とその息子さん、奥様のお兄さん、お子様夫婦とそのまたお子さん、大勢で筆頭の場所に集まって住むという形である。このスタイルは東日本大震災以降急激に増加したように思えるのだが、家族で支えあって暮らすというのは高齢者側にとっても若者側にとっても両方にメリットがあるように思える。今では失われつつある大家族の暮らし方が見直されるのも無理はない。年金が不足する問題やら、高齢者の負担増の問題やら・・・安心した老後を誰もが迎えられる時代ではないのだとしたら家族の支え合いというのが最後の手段であるような気もするのである。住宅というのはその時代の求められる条件にあわせて、姿を変えるべきものだ。この課題にどのような答えを出すことができるかじっくりと考えてみたい。

2019/10/13

一夜明けると被害の大きさに驚いた。大型の台風だったので、長野県とか福島県とか、なんだか予想もしていなかったところで河川の氾濫が起きてしまっている。一部の河川氾濫の事例では、その水位が7mとか・・・何とも恐ろしい深さである。幸いにして川口市の周辺では大きな被害はなかった。昨日までのドタバタで少々疲れたので、今日はゆっくり過ごすことにした。

ラグビーの日本代表戦は予定通り行われるようだ。スコットランドとの因縁の対決、前回大会で唯一勝つことができなかった相手との対戦とあって、はらはらしながらの観戦であった。視聴率が39%、なんだか国民全員で応援しているような状況である。このラグビーチームの状況がこれからの日本の姿だという声が良く聞こえるが、多国籍のいろいろな価値観を持つ人が集まり、チームワークを醸成し、世界の強豪と渡り合うというのは確かにこの国が今後も力を持つための数少ない手法のような気がした。リーダーがリーチマイケル、彼の精神を育てたのが日本の部活というから皮肉であるけれど、彼らの姿を見て僕たちの心が本気になったり、強くなったりの変化がしているような気がするからこれでよいのだろうと思うのである。それにしても、今日の勝利は素晴らしかった。叫びすぎて興奮しすぎて、そしてちょっと飲みすぎて、・・・とにかく勇気をもらった気がした。

2019/10/12

今日は台風の影響で予定されていたものがすべてキャンセルとなった。ちなみに明日は茶事の席主を務めるはずだったのだけれど、これまたキャンセルをさせて頂いたので本当にすべての予定をなくしての待機である。今回の台風19号はこれまでに経験したことのない規模の災害をもたらすということだ。できる準備はしておこうということで今日まで現場の飛散防止の対策をしたり、事務所のガラス面のベニヤ養生をしたり、事務所の屋根に関してはステンレスボルトで鉄骨部分とつなぎ合わせて補強をしたり・・・思いつく点をいろいろとやってみたのだが、果たしてどうなることか。

今日の会社はお休みである。帰宅できなくなってしまうことがわかりきっているのに、会社に呼んでも仕方がない。こんな時は家族と一緒にいてあげるほうが良いのだ。もしかしたら大災害に巻き込まれるという時に父親がいなかったら家族は哀れである。一人暮らしの近場のスタッフだけは午前中の手伝いに来てもらい、午後は全員帰らせることにした。とはいえ、一人暮らしのスタッフを一人で家にいさせるのもまた心配の種である。高層階に暮らすスタッフは安心だけれど、古い木造2階建てのアパートに暮らす滝本君だけは僕の家族と一緒に過ごすことにした。

夜、携帯電話の警報が鳴り響いたり、テレビの映像であちらこちらの堤防が決壊する様子が流れたりの何とも落ち着かない状況である。地元の荒川も氾濫危険水位まで上がりそうだというし、芝川の方はすでに避難警報まで出てしまっているし、これはどうなってしまうのだろうと心配して過ごす。埼玉県では東松山市で堤防が決壊し、川越でも同じような被害があった。いずれ荒川のスーパー堤防も決壊してしまうのではないかの不安は川口市民全員が感じていただろう。そしてもしそうなれば想定浸水深さは3mとも5mともいわれている。ちょっと想像がつかない様子なのだ。

夜中の0時ごろになり雨が止んだころ、滝本君を家に送りながら芝川や荒川、そして台風養生中で屋根のシートが飛ばないかどうか気になっていたMさんの家の様子などを見て回った。芝川は堤防すれすれまで水かさが増し、一部あふれてしまったところもあるようだった。荒川は荒川大橋から手が届きそうなくらいに水かさが増していた。そしてMさんの家のシートはなんと飛ばされることなく残っていた。事務所の前には隣の食堂の屋根のトタン板が飛ばされていたけれど、被害自体は全くなかった。とにかく一安心である。1時30分ごろ家に戻り、ワインを一口飲んで寝ることとした。なんだかんだと疲れた一日である。そして本当に災害について考えさせられた一日であった。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

201911

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログアーカイブ

201120102009
200820072006
200520042003
2002

page top