ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/galleryコンセプト/concept現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 増井真也日記top

増井真也日記

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2017/07/19

午前中、東京都東村山市付近での新築住宅を検討中のIさんご家族打ちあわせ。Iさんは大学で社会科学を教えている方で、僕の日記をだいぶ前から見ていただいていたということである。つたない文章を書き続けてきたけれど、本当に感謝感謝、うれしい限りである。まだ土地の購入前ということなので、今日は土地の購入に際しての考え方や注意点、進行方法などについてのお話をさせていただいた。

Iさんが作りたい住宅は1700万円ほどの小さなローコスト住宅である。1700万円での家づくり、こういう感覚はとても良いと思う。日本の住宅は高すぎる。土地も高い。この高すぎる住宅を手に入れることで、長期的なローンに縛られ、生活の自由を奪われる理不尽に誰もが目をつぶってしまっている。家づくりは巨大なマーケットだから、多くの企業が多くの広告を行う。大手のハウスメーカなどは震度7の地震を何十回も起こし続けてそれでも倒れない家ですというけれど、何十回も震度7の地震が起きていたらすでに日本がどうにかなってしまっているであろう。火災が起きれば火災報知器が義務付けられ、地震が起きれば過剰な構造となり、窓や断熱の性能も上がり続けて、とにかくローコストの思考とはかけ離れた方向に向かわされてしまっているのが現状だ。

家づくりとはもっと自由でよいと思う。誰かに押し付けられた価値によって振り回されるのではなく、本当に自分にとって大切なものは何かを考え、その部分に限って予算を投じる。そういう風に慎重に事を進めていけばもっと安く抑えることができるはずなのだ。僕の会社には確認申請を自分で出すというクライアントまで現れた。確認申請のセルフビルドである。これは初めての経験だけれど、実はこのクライアントは市役所の建築課に勤めている。つまりは確認申請のプロなのである。「自分で出せばその分安くなるでしょ・・・。」初めて聞いた時は「う・・・・」と言葉に詰まったけれど、今考えると本当にますいいらしいクライアントなのである。僕はこういうクライアントとの家づくりを大切にしていきたいと思っている。この縛られた時代に、自由に生きようとする人たち、そんな自由を家づくりのなかで提供するすばらしさなのである。

2017/07/18

朝一番で、埼玉県川口市にて進行中のIさんの家の改修工事現場へ。今日は鉄骨屋さんの白井さんとの現場打ち合わせである。この現場では鉄骨造の階段を撤去して、位置を変更するというなかなかアクロバティックな工事を進行している。階段の周りを解体していると、突然ALCの壁が現れたりのハプニングを乗り越えながら、ようやく鉄骨の製作のための採寸を行うことができる段階までたどり着いたところである。鉄骨造は木造と違って古い建物でもその構造体がしっかりとしていることが多い。内部結露で錆が発生している軽量鉄骨造の古いハウスメーカーの現場を体験したことはあるけれど、今回のような築年数が数十年程度の重量鉄骨の建物ではさすがにさび程度で構造体が痛むことはない。こういう風にリフォームの仕事をしていると、鉄骨造の強さや信頼性というのにはやっぱり心強さを感じるのである。

20170718.jpg

20170718-2.jpg

構造体について

住宅には木造が最も適している。コスト、性能、快適さ、何をとっても一番良い。だから僕はいつも木造住宅をお勧めすることにしている。でも、木造が適していない場合もある。例えばすごく細長い土地でしかも間口にガレージや玄関を作る場合がそうだ。こういうバランスの悪い形状の木造住宅では、いくら耐力壁を増やしても本当に信頼できる構造にすることは難しい。玄関の前に筋交いのための壁を配置し、しかもその部分の壁を二重にするために分厚くするなどの事例を見かけるけれど、そのように一箇所に集中的に力がかかる構造では、大きな揺れに遭遇した時に何が起こるかわからない。このような場合は、1階のみを鉄筋コンクリート造にするとか、もしくは鉄骨造を採用するなどが望ましいと考える。下の写真の例では1階のみをコンクリートで作ることで、地震に対する安心感を得ている。この場所は荒川のほとりにあるのだけれど、鉄筋コンクリート造とすることでもしもの洪水時にも家が流されないようにする効果も期待している。つまりは水門の家でもあるのだ。毎週のように自然災害が報じられるが、家は家族の安全を守るためのシェルターでなければならないわけで、だからこそ臨機応変な構造の採用が大切であると思うのである。

20170718-3.jpg

2017/07/15

朝礼終了後、各プロジェクト打ち合わせ。15時より東京都練馬区にて設計中のKさんの家の打ち合わせ。今日は1回目の見積もり調整作業ということで、前回からの減額案をご説明させていただいた。

夕方からの打ち合わせがキャンセルとなり早めに家に帰ることにした。駅前のそごうにある紀伊国屋書店で本を見ること1時間ほど。リアルな本屋さんは僕にとって一番の居場所だ。ネットでは出会うことができない本と出合えた時は何とも言えないうれしさを感じる。受験の赤本を見ていたら、早稲田大学の創造理工学部建築学科の定員が80名になっていたことに驚く。僕のころは250人いたので1/4だ。偏差値も70以上あったのが65になっている。時代が変われば学校の人気も変わるという事なのだろう。建築を作る担い手が減っていく状況はどうにもならないのかもしれない。

夜、思うこと。
少子高齢化の影響だろうか、最近はゴーストタウン化してしまった集合住宅の成れの果てを問題視する声をよく聞く。管理人がいなくなってしまい、浮浪者が住み着きごみが散乱しているような状況で、いつ倒壊するかわからないような危険な物件も多いようだ。すでに所有者が誰なのかさえ分からなくなってしまったりの状況では、住民の3/4の建て替え決議などできるはずもなく、そのまま放置され問題となるのである。

おそらく社会問題化しているという時点でそれを解決しようという研究はすでにされているだろうから、近いうちに不明となってしまった所有者の決議が不要になるなどの法律変更が想定される。そうすればまた同じような再開発が行われ、同じかもしくは規模大きくした集合住宅が作られるのかもしれないけれど、その際にはより慎重な道を選ぶことが求められるような気がする。

最近建築の仕事をしていると、土地の中に埋まっている杭や地下室の壁を壊さないまま販売しているケースを見かける。ここに新たに建築を作る場合にはそうした障害物をよけるように基礎を作るので、技術的には何の問題もないのだけれど、これまた何か心に違和感を感じる事象である。

人口が減少しているということは、土地の使い方を含めて日本人全体の建築に関する考え方を変えなければならないということだ。郊外には郊外としてのわかりやすい余白を残し、自然と人が触れえる場を復活させることも出来るであろう。都市型の農業を行うための小さな農地を増やし、都市生活者でも小さな農家を行うことができるようになるかもしれない。都市や国土をどのように利用するかを考えるときに、少しずつではあるけれど密度を薄めていく方向を向く必要があるような気がするのである。

2017/07/14

朝礼終了後各プロジェクト打ち合わせ。

14時、埼玉県川口市にてリフォームを検討中のYさん打ち合わせ。Yさんは僕と同じ社中でお茶を習っているお仲間で、今回はそのYさんのお嬢様ご夫婦と赤ちゃんが暮らすための家を造ろうというものである。もともとの家は大手ハウスメーカーが作った木造住宅で、Yさんのご両親が暮らしていた純和風住宅である。今回はそこにご主人が営むフランス語教室を増築し、純和風の母屋を北フランスの家のごとき風合いにお色直ししようという計画だ。今日の打ち合わせでも北フランスの風合いとはの議論が飛び交う何とも風変わりな打ち合わせとなったのだけれど、それもご主人がフランス人という条件ならではなのかもしれない。

建築の面白いところは、そのデザインの質によりその場の空気が変わったり、そこにいる人の気持ちが変わったりするところではないかと思う。冷たさを感じるような真っ白なモダンな空間と、緑に囲まれた心なごむ暖かな空間では全く違う気持ちになる。そして、どのようなデザインに対して自分自身が最もくつろぐことができるかの度合いというのは人それぞれ多様であるけれど、それでも人間が心を落ち着けることができる空間というものには何らかの共通点があるような気もするのである。

今から8年程前だろうか、雑誌住まいの設計のライターさんをしている方の家を造らせていただいた時のことを思い出した。多くの建築家や工務店を取材しつくしているいわば住宅鑑賞のプロの方が家づくりを依頼してくれたことはとても印象深かった。30坪弱で2000万円少々の住宅であるが、太い大黒柱を使ったり、檜の階段板を使ったりの素材にこだわった家づくりをしている。そして何よりもこだわったのが、くつろぎの空間をどのように作るかということであった。障子を通してふり注ぐ柔らかい光、空から包まれているような化粧垂木の大きな屋根もそのために造られている。人がくつろぐことができる空間を作る、僕たちにとって永遠のテーマなのかもしれない。

20170714.jpg

20170714-2.jpg

2017/07/13

ますいいリビングカンパニーは「自分の家は自分で作る」人を応援している。だからセルフビルドを取り入れたり、時には確認申請作業を自分で行いますなどというケースもあったりする。設備器具などを自分自身で発注する、要するに施主支給だって当たり前に受け入れている。家づくりというのは、数千万円を要する大きな買い物だけれど、細かくひも解いてしまえばそれぞれの金額は驚くほど安いものの積み重ねである。

例えば柱、家の構造で最も大切なこの柱だって一本3000円程で買うことができるのである。この柱を檜にしたとする。檜にしたとしてもその価格は5000円少々だ。とてつもなく高くなるような檜もあるけれど、銘木のような檜を指定しなければこの程度の差額しか発生しない。

次の例としては今はやりの制震装置。これだって2階建ての家一軒分の制振装置は広さにもよるけれど大体30万円ほどである。それくらいの金額を支払うことでいざという時に揺れの幅が少なくなるという実験に基づく製品の性能に期待して投資するかの判断なのだ。

例えば床暖房は?食洗器は?ソーラーパネルは?壁は漆喰にするか?
一つ一つのセレクトを、効果と費用を考えながら行うことは、十分自分に家を自分で造ることに値することだと思う。それはハウスメーカーのパッケージ化された家づくりでは行うことのできない大切な作業であるのだ。

この判断の中にセルフビルドは存在する。前にも書いたが人件費は一番高い要素である。ウッドデッキの塗装という誰でもできるようなことでも、職人さんを呼べばコストがかかる。でも自分でやれば材料費しかかからない。どう頑張っても自分でできないようなことは無理だけれど、たいていのことならばホームセンターで売っている道具があればなんとかなる。特に仕上げに関すること、つまり漆喰とかタイルとか塗装などの分野はセルフビルドに向いているのでお勧めだ。職人さんを呼ぶには一人一日で2.5~3万円必要となる。この分がタダになるのだから、例えば50㎡の工事で3人工削減できたとすると、㎡あたり1500円のコストダウンということになるわけで、その分でクロスが漆喰になるなどの仕様変更だって可能となるのだ。

2017/07/11

朝礼終了後、各プロジェクト打ち合わせ。10時より、埼玉県川口市にて新築住宅を検討中のSさん打ち合わせ。今日で3回目となる打ち合わせであったけれど、今日のプランはSさんご自身が考えたアイデアをまとめたものである。以前の日記にも書いたが「自分の家を自分で考える」タイプの人である。家づくりは2回目だという。2回目の家づくりとなればやはり思うところもいろいろあるのだ。

プランを見ていると、今現在ご自身が住んでいる家の形に近いことがわかる。永くその土地に暮らしていると、その土地のどの部分がどうあるべきだとか、どこからどの方向に進んでいって何をするかなどという、つまりは土地の記憶のようなものが染みついてくる。例えば、この部分には一番日が当たるから木を植えたいとか、そこに緑があるからその緑に向かって一番お気に入りのリビングの開口部を開きたいとか、玄関はこちら側の道路から奥に入っていってこの部分にあるべきだという具合である。こういう風にして作られるプランは本当に暮らしやすい家につながるであろう。だって何十年間もの習慣の積み重ねに裏付けられているのだ。

夕方、住宅のコストについて考える。日本の家づくりは高い。これはどうしようもない事実である。僕はローコスト住宅が好きだから少しでも施工費を下げることはできないかの検討を重ねているのだけれど、結局のことろ細かい人件費を積算すればするほどに家の値段が高くなる、つまりは人が動く値段が最も高いということに気が付くのである。職人さんたちだって生活がある。そんなに安く一日の労働を売ってはくれない。しかも建設業界の専門業者さんたちは、それぞれの職種に社長さんがいる。それぞれの会社に経費が必要である。20職種あれば20人の社長さんがいるのだから、自然とコストが上がってしまうはずである。

だから僕は職人さんの社長さんを大切にしている。職人さんの社長さんは自分でも現場作業を行うので、その分会社経費は安くなる。働かない社長さんがいる会社は、その人の給料分がすべて経費になってしまうので高くなる。こういうことに気を付けるだけで、専門業者さんの金額が簡単に2割くらい変わるものなのだ。それに社長さんが直接現場で施工してくれる会社のほうが腕が良い場合が多いのも大切な要素となる。建設現場は同じお金を払っても、現場で施工する職人さんの腕によっていかようにも変わる。大手ハウスメーカーだから安心・・・そんなまやかしに騙されてはいけないと思う。大手だって結局は現場の職人さんが作っているのである。

2017/07/09

日曜日。午前中は畑作業。夏真っ盛りの畑では、しし唐やらピーマン、ナスやトマトがどんどんできる。どんどんできる野菜たちはちょうどよいころに収穫しないとお化けみたいに大きくなってしまう。特にキュウリなどは、ちょっと油断しているとあっという間にまるでゴーヤみたいな大きさになってしまうし、そうなると皮が硬くてサラダなどには向かなくなってしまうので大変だ。それにしてもこういう風景に触れていると、「旬」という言葉を思い出す。旬というのは10日間の期間を現すそうだ。一か月を上旬、中旬・・・と呼ぶのは10日間刻みで表しているからである。僕の畑で最も「旬」な野菜は、しし唐だろうか。もう1週間ほどすると、ゴーヤが旬になるはずだ。まだ親指ほどの小さなゴーヤがあちらこちらで大きくなるのを待ちわびている様子を見れば、それらがもうすぐ一斉に大きく成長する様子が目に浮かぶ。妻のつくるゴーヤチャンプルは格別にうまいので今年も楽しみである。

午後、銀座に散歩に出かける。中央通りの歩行者天国の様子を初めて見た末っ子の真子はあんなに大きな道路に車が走っていない様子に驚いていた。そういえば歩行者天国など川口市にはない。都内でも新宿や原宿など限られた場所でしか行っていないのではないだろうか。道路の真ん中にパラソルを出して、ティータイムを楽しんでいる人たちの様子は初めて見たら驚くものであろう。松屋や三越を通り過ぎると、銀座シックスが見えてきた。谷口吉生氏が全体的な計画を行ったという施設らしく、とても均整の取れた建築である。オフィスが入る上層部は各層ごとに水平に広がる庇が取り付けられ、商業施設が入る下層部は逆に縦方向のデザインがのれんとして付加されている。

設計者の谷口氏は、
「建築は、当然その価値は永続的であった方がいい。一方でGINZA SIXのように商業建築の場合は、時代の変化や流行に従って、店舗の外観やサインにしても、すぐ付け替えられるのが理想的です。特に商業建築では、このような変わる部分と変わらない部分の共存が求められます。建築全体を統一する「ひさし」は変わらない部分であり、それに取り付けられる「のれん」は変わる部分です。何十年後も、GINZA SIXの建築の幹であるステンレス製の「ひさし」は、永久に今のままに街の姿を映し続け、ブランドによって自由にデザインされる「のれん」は、時代とともに変わり続けていく風景が理想です」と言っている。町は変化する。その変化は今回のオリンピックのように大きな波とともに起こることが多いけれど、そうでもない小さな変化が積み重なって印象が変わるような街の変化につながることもある。間違いなく日本の中心的な商業地である銀座がどのようにかわって行くのか。この先もとても楽しみなところである。

20170709.jpg

2017/07/08

10時、埼玉県川口市にて新築住宅を検討中のHさん打ち合わせ。今回は2回目のプラン打ち合わせということで前回よりも少々小さくアレンジしたプランをご提案させていただいた。司法書士を営むHさんの新しい家は、司法書士事務所を兼ね備えた住宅となる。事務所の広さはそれほど広くはないものの、でもトイレやミニキッチンなどの設備も必要なので、住宅部分の面積との調整が難しいところだ。ますいいではこれまでこうした〇〇併用住宅というのを多く作ってきた。バレエ教室、美容室、絵画教室、アトリエ、ダンススクールなどなど、用途はさまざまである。下の写真は埼玉県で作ったダンススクールの教室である。その下は埼玉県草加市にある美容室だ。どちらもそれほど大きな住宅ではないけれど、小さい中に未来への希望と新しい生活の両方を内包できる空間を含んでいるのである。

こういう仕事をしていると、建築の力を感じることがある。やりたいこと、つまり事業の内容と建築がうまく呼応する時に、そこには何か強い力が生まれるのだ。そしてその力は多くの顧客を集めてくれる可能性を持ち、また事業者の事業運営の羅針盤にもなりうるものだとも思うのである。

20170708.jpg

20170708-2.jpg

11時、埼玉県川口市にて進行中の鉄骨造のリフォームの現場へ。僕の娘の中学校の後輩の自宅である。こういう身内のような仕事が多いのだけれど、こういう仕事は何とも言えない緊張感がある。今日は内装の解体を終えた現場にて、鉄骨の階段の一部変更工事に伴う状況説明を行った。最近は建築の寿命が伸びているのでリフォームの仕事が多い。スクラップアンドビルドの時代は終わったのかもしれないなあ、と思うほどにリフォームをする機会が増えている。リフォームされる建築達は、昔のものと比べるとしっかりとした造りになっているのである。この現場もしかり。構造体はいたって健全である。この次の世代までつなげることができるようなしっかりとしたリフォームを行っていきたい。

14時、東京都板橋区にて新築住宅お検討中のSさん打ち合わせ。体に障害のあるお子様のために、スロープだけで上り下りができる住宅を作ろうという計画である。スロープの勾配は1/8、そのスロープを家の外周部にぐるぐる回し、1周半すると次の階に上がることができる。エレベーターでよいのではと思うかもしれないが、東日本大震災の時にエレベーターに閉じ込められてしまった経験がそれを許さないのだ。この感覚は僕にも共感ができる。僕自身も普段の生活であまりエレベーターを利用しないようにしているのだけれど、それはもしも閉じ込められたらの感がそうさせるからである。建築は人が生活をするために必要な箱である。そしてその人がこうした形を望んでいるのであれば、ぜひともその形に建築が寄り添って作られるべきだと思うのだ。建築の形がパターン化し、建築の形が優先する社会は本末転倒である。スロープの建築・・・、是非手掛けてみたい仕事なのだ。

17時、埼玉県伊奈町にて進行中のWさんの家の現場にて現場確認。現場につくとクライアントのご夫妻がセルフビルドのウッドデッキの塗装を行っている。今日はとても暑かったので、大変だったことが一目でわかる。でもこういう経験をしておくとこれから先もこの家で暮らしていく中で、割と自然な形でメンテナンスなどの作業を行うことができるようになるし、何よりも塗装屋さんを呼ぶ費用を節約することも出来たわけなのでやった甲斐はあるわけである。一日お手伝いをしたスタッフの林君も、なんだか少し瘦せたような。こうして現場を経験することで鍛えられるのである。現場では、ロフトの梁の高さについての協議を行い、Wさんには無事ご納得いただくことができた。

2017/07/05

午前中は事務所にて雑務。本来であれば埼玉県川越市にて進行中のSさんの家の現場確認に行く予定だったのだけれど天候不順のために延期することにした。なんだか今年の夏が始まっ高と思ったら、早速の台風である。そして今年もすでに九州地方では大雨による被害が出始めている。毎年の恒例となってしまった洪水被害、皆が自分の街に来なければよいと願っているが、その結果がどうなるのかなど誰にもわからないし、どうすることも出来ない。自分の街のハザードマップを眺めつつも、それでもどうしようもないわけで、あきらめるしかないというような感覚もある。だってあなたの家の周りでは3mの水害が発生する可能性がありますよと指摘されたところで何ができるというのか・・・である。九州地方の水害は今週いっぱい続くそうだ。被害が大きくならないことを祈るばかりである。

Sさんの家の担当スタッフの橋本君と天井のおさまり変更に関する打ち合わせを行う。リフォームの場合は解体してからやっぱりこの天井の懐を利用して天井の高さを高くしたいなどの変更が起きることがある。家の中の見えない空間は、見えてみると意外と大きかったりする。それに気が付いてしまうと、やっぱり何とか利用したくなってしまうものなのである。

20170705-2.jpg

15時過ぎ、川口グリンセンターにてシャトー赤柴貴賓室改修工事打ち合わせ。この施設は川口市内にあるグリンセンターという公園の建物で、50年ほど前に国体の観戦のために当時の皇太子妃殿下が川口にお泊りになった施設である。今回はその建物の中のお泊りになった部屋の改修工事を行い、貴賓室として展示公開するための設計デザインと工事を依頼された。一つの部屋の工事ということでとても小さな工事だけれど、ますいいリビングカンパニーにとっては初めての公共工事ということになるわけで、関われることを幸せに感じながら進めていきたいと考えている。この先が楽しみなところである。

20170705.jpg

2017/07/04

朝礼終了後各プロジェクト打ち合わせ。

13時過ぎ、茶道稽古。今日は久しぶりにゆっくりと稽古をする時間が取れたので、名水を使った濃茶のお点前と葉蓋の薄茶点前を行った。名水のお点前というのはつるべの水差しに、しめ縄のようなものをまいて、どこどこの御神水です・・・というような仮想のストーリーのもとで進めるのだけれど、ミネラルウォーターを使用すればお手軽に富士山の・・・というようなストーリーを作れるので、実際にやってみるのも面白いような気がした。とはいえ稽古の中では、あくまで想定した世界に合わせて作法や振る舞いを学ぶだけである。もしも機会があったらリアルな名水を使用してみたいものだと思ったところである。

こういう稽古事というのは、多くの場合は想定の世界から抜け出ることが無く、つまりは稽古の世界だけで終わってしまう、稽古のための稽古になることが多い。でも、茶道なるものはやはり実社会の中での実践があるべきだと思うし、その実践というのはできれば茶道にかかわる人たちの間だけで行うのではなく、そうでない人たちもなんとなくまじりあって体感できるような類のものであるほうが望ましい。現代における名水点てとは、どのような形があるのだろうか。少なくともただ単にコンビニで買ってきたミネラルウォーターを使えばよいというのではないような気がする。水が貴重な現代社会だからこそ、なんとなく変なことを考えてしまったのであろう。

2017/07/01

今日は家づくりを検討しているNさんご夫妻を連れて、過去の作品を訪問した。訪問先は埼玉県さいたま市のTさんの家と東京都町田市のNさんの家である。まず初めにTさんの家、現地に着くとTさんご夫妻とお子様がみんなで出迎えてくれた。Tさんの家には写真のような洗面室がある。この洗面室は奥様のリクエストによって実現していったのだけれど、大きな鏡や洗面器がとても使いやすく出来上がっている。正面にはモザイクタイルを張り、こげ茶色に塗装された木部と合わさって魅力的なアクセントになっていると思う。完成作品見学に訪れたNさんご夫妻もとても喜んでくれた様子であった。

20170701.jpg

続いてNさんの家。町田に向かう途中に首都高速道路を間違えて、なぜか目黒通りを通って東名自動車道に向かった。東京というところはちょっと目を離すと大きく変化することがあるので難しい。特に今はオリンピックに向けてあちらこちらで整備を進めている状況だから、前の記憶に基づいて行動するとついつい間違えてしまうことがある。首都というのはその国家の中でも特別の場所、埼玉県という近くに住んでいてもそこだけにあるうねりのようなものを感じるものなのだなあと思う。Nさんの家にはとても魅力的なガレージがある。ご主人の趣味で作られた部屋、まるで所さんの世田谷ベースのようなこだわりの空間である。オーバースライダーシャッターを付けた内側に、構造用合板の内装仕上げ、いかにもこだっわりのガレージにちょっとうらやましさを感じてしまった。2軒の住宅を見学して、赤羽駅でNさんご夫妻と別れる。10時から16時までの長い旅であった。でも久しぶりにクライアントに合うことができた有意義な時間でもあった。

20170701-2.jpg

18時、埼玉県川口市にて新築住宅を検討しているAさんご夫妻打ち合わせ。土地探しからのご依頼ということで、家づくりの流れなどについての説明をさせていただいた。20時ごろまで。

2017/06/29

朝10時、東京都練馬区にて新築住宅を検討中のSさんと初顔合わせ。ご実家のあるとても小さな狭小地に、ご家族3人で暮らすための住宅を検討しているということである。なんでもほかの建築家さんとかれこれ3年間も設計をしてきたそうなのだが、2500万円という予算に対して3300万円から4100万円という非常に高い見積もりを出されてしまい、その計画が頓挫してしまったということである。予算オーバーはますいいでもある話だけれど、2500万円に対して4100万円、つまりは1600万円のオーバーというのはなかなかあり得ない。近年の建設業界の人手不足や、復興需要、オリンピック需要などが重なっている値上げ市場の中で、設計事務所という生産手段を持たない組織がコストを予算の中に収めることは至難の業なのであろう。

僕だって少しでも値段を安くやってくれる職人さんとの出会いを大切にしている。協力業者さんだって競争がなければだんだんと値段が上がってしまうし、価格の交渉も出来ないわけなので、やはり新規の協力業者さんを探すことは大切である。当然職人さんは誰でもよいというわけではなくて、やっぱり職人さんの腕によって質が変化してしまう部分があるわけなので、そうそう変えることができない職種というのも存在する。

僕たちはクライアントのお金を預かって家を作るわけなので、やっぱりその視線はクライアントに向いていなければならない。クライアントが何を手にしたいかというと、安くて質の良いものなのだ。安くて質の悪い家は欲しくない。「質の良い」を満足させてくれる設計者と職人さんの協力体制をいかにローコストで作り上げるかがやっぱり家づくりの肝となるわけである。

実はこういう、体制づくりのような仕事は設計よりも難しい。人付き合いという、形があってないようなものを長きにわたって行わない限り実現することはできないし、簡単な過ちですぐになくなってしまったりもする。人と人とのつながりという見えない糸をつむぐ作業が最後には現場に一番大切な施工体制となって現れるわけだし、それが結果的には予算に近いコストとなってクライアントに貢献できるのだ。

夕方、渡辺君と一緒に埼玉県伊奈町にて進行中のWさんの家の現場確認。大工工事も終わりそろそろ完成に近づいてきた。すでに足場も取れて外観が姿を現している。設計段階で何度も模型を作り直しスロポーションを検討してきたかいがあって、街並みになじみながらも存在感のあるとても均整の取れた建築とすることができたと思う。こういう風にふと見た瞬間に何となく良いなと感じることができる建築を作ることはなかなか難しい。こればかりはプロポーション、つまり感覚の問題であり、例えば黄金比のように誰もが美しいと感じるような比例関係は存在するのだけれど、実際に行うことはとにかく大変なのだ。

20170629-2.jpg

内部に入ると白い空間が広がっている。もちろん漆喰である。天井には2階の床を支える梁が現しで使われている。左右から壁が挿入されっている様子をリズミカルに表現したいといっていた渡辺君のデザインが見事に実現されていてとても良い。

20170629.jpg

2階はラワン合板の空間である。3*6板の合板をわざわざ半分に割いて、建て貼りとすることで高さ方向に伸びやかな広がりを感じさせるデザインとなっている。1階の白い空間との対比も面白い。間づ枠はラワン材を加工して作っている。質素に見えて何とも贅沢な空間である。もうすぐ完成するけれど、とても良い出来に満足である。弟さんの家づくりをさせていただいてから約10年ほどであろうか、こうしてお兄さんの家までも関わらせていただける光栄に感謝感謝である。

20170629-3.jpg

2017/06/28

朝礼終了、埼玉県川口市にて新築住宅を検討中のSさん打ち合わせ。今日は2回目のプレゼンである。前回のご提案に対するご意見を反映させつつアレンジをしたプランをご説明するも、どうやらあまりお気に召さないご様子である。じつはSさん、自分で簡単なプランを作成してきた「自分で自分の家を作る」種族の方である。しかもご年齢は60代後半、もう数度目の家づくり、若い者には負けんぞの強い思いもある。簡単に作成されたように見えるラフスケッチには、絶対に曲げることができない強い思いが込められているわけなのだ。というわけで異例の3度目プレゼンをすることにした。内容はもちろんSさんの書いてきてくれたプランをそのまま造ったら・・・。

かつて同じようなケースがあった。俳優のTさんの家を造らせていただいた時の話である。Tさんの奥様はすでにある程度決まったプランを持っていた。それをそもまま作ってもらえますかの問いに、僕は迷わずいいですよと答えた。建築家としてやっている増井さんに申し訳ないの思いをご主人は抱いたそうであるけれど、僕にはそんなことはあまり関係がない。「自分の家は自分でつくる」の手伝いをするのがますいいリビングカンパニーの役割である。そしてその形はどんなものでもよい。自分の家のプランを自分で考える、こんなに素敵なことはないではないか。何十年もローンを払い、そして何十年も暮らす家なのだ。自分の手の跡が全くない空間など何の魅力もないのである。

20170628-2.jpg

20170628-3.jpg

夕方、畑作業。夏野菜の時期なので本当は一日おきくらいに収穫をしたいのだけれど、なかなか時間が取れなくて写真のような状況である。大きくなりすぎたキュウリ・・・見た目は少々残念な感じだけれど、でもおいしいのだ。ナスやトマト、ピーマンやしし唐などもたくさん採れ始める時期である。そして多くの雑草も生え始める大変な時期でもあるのだなあ。

20170628.jpg

2017/06/26

朝礼終了後、各プロジェクト打ち合わせ。

12時、川口西中学校学校評議員の集まりに参加。息子の関係でPTA会長を受けた流れでの役職なのだけれど、要するに学校運営が適正に行われているかどうかの判断をする人ということらしい。いじめ、教職員の長時間労働、体罰・・・様々な問題が日々報じられる世の中だから問題のない学校なんてないのだろうけれど、たった2時間顔を合わせて校長先生のお話を聞いたところでそんな問題が露呈するはずもないわけで、結局のところ正確な判断をすることはとても難しい。それでも何とかして力になれないのだろうかの気持ちを持っている人々が集まっている、そんなメンバーであった。会の最後に子供たちと同じ給食をいただいた。コッペパンというのだろうか、なんだかとても懐かしい味がするパンだ。野菜スープは少々味が薄い。子供たちにはこれでは物足りないだろう。格安で提供する食事だから仕方がないのかもしれないけれど、もう少し何とかしてあげられないものかとも思う。

20170626.jpg

夜、東京都練馬区にて新築住宅を検討中のSさん打ち合わせ。2回目のプレゼンテーションである。前回のご提案に対するご要望を反映させたプランをご説明させていただくとともに、予算構成書を説明させていただいた。21時ごろ終了。

2017/06/25

朝、6時ごろ目覚める。なぜか平日よりも日曜日のほうが早く目が覚めるタイプなので、家族が全員寝ている中で朝食を作る。今日のメニューはツナのホットサンドと卵とハムのサンドウィッチ。日曜日とはいえ、それぞれ部活や塾で忙しいので、5人家族が全員そろって朝食を食べることはとても珍しく、食べ盛りの子供たちの食べる量はどれくらいかと悩みながら、結局食パン8枚を使っての大量生産となった。7時過ぎにみんなを起こして、全員がそろっての食事である。どれもおいしそうに食べてもらえると何ともうれしいものである。

8時ごろ息子と二人で荒川の堤防を東京湾に向かって走る。荒川大橋から河口までは21キロ、走れない距離ではないので海まで行けるかなの夢をついつい抱いてしまうのだけれど、7キロくらい進んだところで結局ダウン、ちょうど近くにあった西新井大師にお参りして家路についた。13時過ぎに帰宅すると体がどっと重たくなっている。少々うたたねをして休むことにした。何ともゆったりとした日曜日である。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
page top