ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 増井真也日記top

増井真也日記

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2018/12/02

金曜日より今日までの3日間は裏千家の関係で京都に足を運んでいる。50歳以下の茶道をたしなむ人々が全国から集まって話し合いを持つという行事で、僕はこの会合に年に3回参加することになっている。会合に行くとご宗家の方々も参加しており、まさに現在から未来の茶道を考える会合なのである。

京都というところは観光産業で成り立っているようなところがあって、最近ではホテル建設がものすごいラッシュとなっている。町のあちこちに小さなホテルから大型ホテルまで造られており、こんなに建てていったい誰が泊まるのだろうと首をかしげたくなるような状況だ。飲食店も街の隅々まで立ち並んでいる。日本食からそうでないお店まで様々であるが、皆一様に工夫を凝らした様相で、もしも埼玉県ならば名店の中に名を連ねそうな店が多い。どこかの街に似ているなあと思っていると、そういえば以前足を運んだスペインのバルセロナに似ているような気がする。ガウディーはスペインのカタルーニャ地方の文化を建築に取り入れ、独自の意匠を表現し、それが街の遺産となり世界中から最も人が集まる観光地となった。京都は日本の歴史の中心地として茶道だけでなく、華道やら香道やら、はたまた和歌や造園、寺院や宮内庁施設など、とにかく日本という国家を示す要素として思いつくものが受け継がれ、それを現代まで維持している点で何となくスペインのバルセロナを連想させるのである。

土曜日の夜に二条城がライトアップされている様子を観光した。いわゆるプロジェクションマッピングのようなもので、花が建築にまとわりつくような様相を表現しているものである。確かにきれいで多くの人が集まっているのだけれど、歴史的な建築を画像でデコレーションする様子はなんとなく不思議な感じがした。違和感とでも言おうか、別に嫌なわけではないけれどそれでもなんとなく不思議な感じがするのである。名工といわれる職人が時間をかけて作り上げた建築物がお花畑・・・・。バーチャルとリアルが入り混じって生まれるあらたな価値観なのだろうがどうも雑な感じがしてならないのである。

2018/11/29

午後より川口市役所公園課にて青木町公園の手摺とサインに関する確認を行う。サインはステンレスの金属の柱の上に人の形をモチーフにしたブロンズの像を乗せたものである。このブロンズの像は川口市にゆかりのある赤川さんという彫刻家にデザインを依頼した。赤川さんといっても皆わかるはずもないのだけれど、川口そごうの裏手にあるドン・キホーテの彫刻の作者というとほとんどの人が知っている。ちなみにこのドン・キホーテの彫刻は川口そごうができたときに、大資本に立ち向かう商店の方々を現す彫刻を造ろうということで、まさにそごうに立ち向かうような表現で造られたということである。こちらのブロンズ像は、板を重ね合わせたようなデザインだ。野球、テニス、水泳、陸上の4つの姿を作っている。地上4mの高さに高々と掲げられる様子を早く見てみたいものである。

20181129.jpg

2018/11/27

午前中は埼玉県さいたま市のMさんの家リフォーム相談。外壁の塗り替えやらもろもろについて1時間ほどの現調を行った。

夕方からスタッフ全員での勉強会をおこなう。今日のテーマは家づくりのモデルについて考えてみようというものである。ますいいではもっと自由に家を造ろうのテーマのもと、クライアントに寄り添った家づくりをしているが、その中で考えたことをそれぞれが発表していった。

大きな箱の中にもう一つの空間を創り上げるハウスインハウスのような形態、小さな箱がいくつも並べられていてそこに職と住が一体に存在できる長屋のような集住の形、セルフビルドによる土を突き固めた塀の提案などなど、一人当たり10分ほどの持ち時間の中で興味深いプレゼンテーションとなった。

家族構成の変化に応じて、フレキシブルに変化することができるような形の住宅は昔から語り継がれていることであるけれど、今回の勉強会では長く使うことができるためになにもない高性能の外皮と、内側に造られる二つ目の箱という構成が提案された。配管スペースなどはその間にむき出しなのかはたまたうまく隠されるのか、そして内側の箱はなるべく安価な素材で作り10年ごとくらいでリニューアルされ得るのか、想像してみると面白い。高性能の外皮は100年にわたって維持され、その中身がうまくリニューアルできるというような建築の持続可能性を感じる提案であった。

終了後は橋本君の送別会である。皆別れがたいのか珍しく2次会までの参加者が多い。少々飲みすぎかもしれないが、楽しいひと時となった。

20181127.jpg

2018/11/26

外壁というと様々な仕上げがあるけれど、その中でもますいいでよく採用している仕上げがモルタル仕上げの外壁である。通常だと、外壁下地に防水層と金網を貼りつけ、そこにモルタルを塗ったら最後の仕上げとして樹脂系の吹き付け塗装や左官仕上げを施すのだけれど、この写真の仕上げの場合はモルタルそのものを仕上げとして表現している。割れ止めのためにグラスファイバーのメッシュを埋め込み、最後に撥水材を塗装して仕上げているがこれがなかなか良い風合いだ。かれこれ10年ほど前に下の写真の現場で初挑戦したあと、テクスチャーの改良を加えながら今に至るわけだけれど、スタートにはスタートの物語があってこれがなかなか印象的だった。

この現場のクライアントさんは俳優さんで、映画を撮影したりもする。つまりは思いっきりのクリアエイターである。実はこの現場でも初めの予定では吹き付けの塗装を施す予定だったのだけれど、モルタルの下地を見たクライアントが塗装をしないでほしいと言い出したのである。吹き付けをしないでといわれても、樹脂系の仕上げを施さないとひび割れの危険もあるしなかなか厳しいような気がするなかで、左官屋さんとの協議を繰り返し、結果的にはファイバーメッシュなどの措置をして採用することとしたわけだ。映画監督はいわゆるイメージを映像化するためにいろいろな人の協力を得ながらそれを実現するわけだけれど、この出来事はまさにそんな場面だったような気がする。僕たち設計者だけではできないことを、左官屋さんや材料やさんの協力を得ながらなんとか実現する、それに対してクラインアントさんもとても寛容的に受け入れてくれる、そんな場面から生まれた一つの仕上げがこのモルタル仕上げなのだ。

20181126.jpg

2018/11/24

午前中は埼玉県草加市にて新築住宅の設計をスタートしたYさんの打ち合わせ。土地の購入からのお付き合いのクライアントである。土地を購入する際にYさん自身が描いたプランがあって、今日のところはそのプランを建築として成立する形にアレンジするという方針で作業を行ってみた。1階にLDKと水回りが配置され、2階には個室が3つ並んでいる。ゾーニングとしてはとても基本的な形で、なかなか魅力的なものとなったような気がする。

打ち合わせの進むうちに次回は僕たちが作ったプランを見てみたいというお話をされた。やっぱり僕たちが考えたプランも見てみたいですよね、ということでまずは頭の中を白紙に戻して、新しいプランを考えてみることとしよう。

事務所に新アイテムが登場した。これはスマホに取り付けてみることができるサーモカメラである。ちなみにこの画像は現在の僕の家である。断熱材の入っているところと、柱や間柱の熱狂部分がうっすらと見えている。アルミサッシはやはり熱の逃げ道となるので、くっきりと光ってしまっている。これが樹脂との複合サッシになればだいぶ緩和されるということなのであろう。

20181124.jpg

2018/11/23

今日は東京都杉並区にて設計中のUさんの家の地鎮祭に参加。現場までの道中、環状8号線を走っていると富士山が、まるですぐ近くにあるかのように良く見える。きっと空気がとてもきれいに澄んでいるのだろう。こういうことがあるだけでもなんとなく地鎮祭がうまくいくような気がするものだ。雨の日にテントを建ててやる地鎮祭は、なかなか大変なのである。

近所の家にご挨拶をする際に、約2mほどのブロック塀の持ち主さんに作り替えのご相談をしてみたところ、その危険性をすぐにご理解いただくことができて、前向きに検討する旨を同意していただいた。このブロック塀はUさんの土地とお隣さんの土地の敷地境界線上にあるのだけれど、もしも大きな地震が来たらそのどちらかに倒れてしまう可能性が高い。控え壁を造れば多少は強くなるとは思うが、そもそも鉄筋が入っている可能性も低そうなブロック塀なので、どこまで効果があるのかは怪しいものだ。なるべくならブロックを2段ほどにして、その上はアルミのフェンスなどにしたほうが安全なのである。約1時間ほど敷地で作業し完了。

続いて東京都国分寺市のJさんの現場に向かう。上棟工事後大工さんの作業が進んでいるところである。写真は1階リビング周りの床根太施工状況である。今日は祭日なので職人さんはいないが、現場の進捗状況を確認して帰宅した。

20181123.jpg

2018/11/22

今日は朝からスタッフ全員で断熱性能に関する講習会に参加した。内容は外皮性能の計算方法等が中心であったが、これもまた確認申請作業の一部に加わるのであるから、誰もが理解している状況にしておく必要がある。住宅の断熱性能はこの10年ほどでかなり向上している。断熱材自体の性能も大切だけれど、それよりもサッシの性能向上が大きく影響しているのが実態だ。昔は高くて手が出なかったLOWEガラスもだいぶ一般的になってきたし、アルミと樹脂の複合サッシもだいぶ買いやすい価格帯まで近づいている。講習の最後には、小テストがある。全員合格したので今日はとても有意義な一日だったような気がする。

2018/11/20

今日は埼玉県さいたま市にあるとある茶寮で、口切の茶事にお招きされた。口切の茶事というのは、ちょうど新しいお茶が壺に入れられて送られてきて、それの封を開けて新しいお茶をいただくための茶事である。この時期茶道では、今年摘まれた新しいお茶をいただくことから茶道のお正月などといわれるが、とにかくおめでたい行事なのである。

茶事は壺を拝見するところから始まる。それが終わるといただくお茶の種類を決めて、初炭の点前に続く。懐石、濃茶、薄茶という順番は正午の茶事と同じである。約4時間ほどであろうか、今日は初めての詰めということで訳も分からず言われるがままに動いていたが、さすがに最後の方にになると足が限界を迎え正座を崩して乗り切ることに。まだまだ修行が足りないようだ。

2018/11/16

午前中は、埼玉県本庄市にて家を建てたいというIさんご夫妻打ち合わせ。今日は初めての顔合わせということなので、普段通りに家づくりの流れについてお話をさせて頂いた。

僕が初めてのお客様に必ずお話しすることの一つに、このますいいリビングカンパニーという組織が作られた理由、つまり成り立ちがある。僕がまだ戸田建設の現場監督だったころ、工務店のような設計事務所のような組織を作ろうと考えていた僕は、1999年当時早稲田大学の建築学科教授であった石山修武氏に電話をかけて相談をした。手紙を書けと言われて、手紙を書くと、ある日電話がかかってきてすぐに来いと言われた。それから2か月に1度くらいのペースで大阪から東京の石山先生のもとに通う日々が始まった。

ゼミのような組織でこれからの時代に必要な家づくりの形とは、についての議論を行い、結果的にまとまったのが今のますいいリビングカンパニーの形である。建築家が小規模住宅の設計に携わり始めたころであった。建築家と工務店、そして施主の間でのもめごとなどが多く発生していた時代である。二つの組織がかかわることで経費も2倍かかってしまう。であるならば、1億円以下の小規模住宅に限り建築家が工務店機能も兼ね備えることで、コストダウンを図り、かつ余計なトラブルを避けることができるのではないかということ、そしてその結果としてより自由な家づくりができるのではないかということでスタートしたのである。あれからかれこれ18年がたった。今でも当時とまったく変わらないコンセプトでますいいは運営されている。

2018/11/15

10時30分、リビングデザインセンターオゾンの森口さん来社。今日はオゾンさんで取り扱っている暮らしの形で販売している名作家具について、ますいいでの販売のお話をいただいた。もちろん家具屋さんをやるわけではない。ますいいで家を建ててくれた方に対して、Yチェアなどの名作家具を通常よりも少しお安く提供できるような仕組みである。

僕の事務所には、僕がデザインした椅子が8脚、それと暮らしの形で購入したYチェアや小椅子などの名作が4脚ある。椅子はテーブルと違ってデザインするのがなかなか難しい。座り心地というのはとても微妙な感覚なので、座りやすいと感じることができる椅子との出会いは一生もののような気もする。国産だとCIVILチェアがとてもよく売れているというが、この椅子は本当に座りやすいので人気があるのだろう。興味のある方はオゾンの5階にあるお店に足を運んでみてほしいと思う。

15時、ものつくり大学インターンシップ発表会に参加。毎年インターンシップを受け入れているが今年は2年生の男子生徒が40日間の職業体験を行った。下のパネルはその中での作業である。ベニヤ板から二つの形を切り出し、そこにスリットを入れることで組み合わせができるようにしている。この二つの板の無限の組み合わせが拡大することで、収納家具になったり、間仕切り壁になったりの可能性が広がる。ほかにも模型を作ったりの設計の補助業務やプレゼンパネルを編集するなどの実際に事務所で役立つ仕事もしてもらったが、新たな可能性への挑戦というのはなかなか楽しいインターンシップだったのではないかと思っている。

20181115.jpg

2018/11/14

今日から國井さんがますいいの家造りに参加してくれている。國井さんはもともとアトリエを経営されていた大先輩で、団塊世代の一級建築士である。ますいいの若い世代の建築家とうまく協奏して良い建築を生み出すことにつながってくれればよいと思っている。

11時、埼玉県川口市にて小屋の設計を進行中のSさん来社。今日は図面を一式手直ししての打ち合わせである。約10坪ほどの小屋で、普段はSさんのアトリエとして利用される。小さなシャワーブースやミニキチンなどを備え、一部にはロフトも配置する予定だ。構造は在来木造を採用し、4寸の片流れ屋根をガルバリウムで葺く予定だ。10坪の小屋となると、僕の感覚では小屋から住宅へ移り変わるちょうど変換点にあるような広さだと思う。例えば床組みなども、通常の住宅と同じように400ミリくらいはかさ上げをする予定だけれど、でも基礎の構造などは通常の住宅よりもだいぶ簡易的にする予定である。どこまで小屋らしく簡易的な建築にすることができるかのバランスが難しいところだ。

基礎についてもう少し話をすれば、昔の住宅は無筋の布基礎だった。木造2階建てまでの住宅は建築士判断で基礎の構造を決めるわけだけれど、今時の風潮に従って考えれば、建築士判断=構造計算で安全性を証明できるもの=とてもごつくて値段も高い構造となってしまうわけだ。現にますいいでも住宅の基礎は構造計算に基づいて決めるようにしている。

でも小屋の場合はどうかというと、住宅と同じように考えてはいけないように思う。小屋は簡易的な建築だ。普段住まう場所ではなく、アトリエとか休暇小屋とかガーデニング小屋とか、とにかく暮らしにゆとりと魅力を付加するための道具である場合が多い。そして、なるべく安くできたほうが良いに決まっている。小さければ基礎で土地と連結されている必要もない。借りている土地に造る場合などは、もしかしたら移動する場合に備えてトラックに乗せることができるくらいの大きさに分割したほうが良い場合もあるだろう。つまりは小屋らしさというのが大切なのだと思うのである。外壁はガルバリウムを採用する。これはクライアントの意向である。内装は漆喰と合板系の仕上げを採用する予定だ。床には無垢材を貼る。なかなか居心地のよさそうな仕上げとなるのである。

2018/11/13

午前中は、埼玉県川口市にて設計中のS社新社屋地鎮祭に参加。社員さんたちもみんなで参加してくれたので、15名ほどのにぎやかな地鎮祭となった。いよいよ来週から本格的な工事が開始される。鉄骨造2階建てで延べ床面積が80坪ほどの小規模のオフィスであるが、しっかりと進めていきたいと思う。

20181113.jpg

午後、埼玉県草加市にて土地の購入をしたYさんの土地を見に行く。草加市というのは僕が住んでいる川口市の隣町で車で30分ほどのところにある。埼玉県には珍しく全国的に知れ渡る「草加せんべい」で有名なので聞いたことがある方も多いだろう。今は古家がまだ建っている住宅地を更地にして、30坪ほどの家を作る予定である。

夕方、埼玉県さいたま市にてリフォームのご相談。和室に炉を切りたいという小さなご相談から、屋根の葺き替えをしたいという少々大きなご相談まで色々である。約60坪ほどの比較的大きな住宅が森の前にぽつんと建っている。隣にはお墓があって、ご実家がその森まで含めた地主さんということだからなんだかとっても広々とした環境だ。家を出るころにはいつの間にかあたりも暗くなってしまった。18時過ぎ事務所に戻る。

2018/11/11

午前中は一人で畑作業をした。今日はとても穏やかな気候で、なんとモンシロチョウがまだ多く羽ばたいている。11月だというのにモンシロチョウ、暖かい日が続くと季節外れの昆虫が現れたりもするのだ。畑に育つ小松菜などの葉物野菜が青虫に食べられているのもうなづける。農薬を使っていないから、虫たちにとっても大変なごちそうだろう。まだまだ暖かい秋が続きそうなので、もう一畝造ってほうれん草とミックスサラダの種をまいてみた。40日程度で収穫ができるものなので雪が降らなければ収穫して食べることができるであろう。

午後は、浜離宮やカレッタ汐留周辺を散策した。浜離宮のすぐ目の前には黒川紀章氏が設計した中銀カプセルタワーがある。さすがに勝手に中に入ることはできなかったが、外からの姿はなかなかのものである。いつ解体されてしまうかわからないけれど、外壁にはネットがかけられ、落下物を防いでいるということでだいぶ傷んでいる様子であった。

20181111.jpg

浜離宮の中にカモを覗くための土塁がある。木組みの上に土をかぶせた粗末なものだが、これはなんか建築として面白い。ここから向こう側を覗き、カモがいることを確かめて、それを捕ったというからつまりはカモフラージュのための基地である。カモフラージュのためだから自然と同化する、そしてそれが土塁という意匠に至ったわけであるのだ。

20181111-2.jpg

2018/11/08

午前中、埼玉県川口市にて鋳物屋さんを代々営んでいるモリチュウの森社長来社。今後ますいいの造る家に対して取り付ける表札のデザインについての打ち合わせを行った。川口市というのは昔から鋳物の街として有名で、吉永小百合さんのキューポラのある町という映画が撮影されたような過去がある。僕が子供のころはまだ町のあちらこちらに鋳物屋さんがあって、街の空気はいつも黄色く濁っていた。夏場はすぐに光化学スモッグ注意報が発令されて、でも子供たちはそんなことには慣れっこだからまったく気にしないで外で遊んでいる、そんな町であった。僕ぼ父も昔は機械工場を営んでいた。小学生時代のぼくの夏休みといえば、父の工場でボール盤で穴あけをしたりの単純作業を一つ50円くらいでやらせてもたっていたので、鋳物とか鉄の加工品とかはとても親しみのあるものなのである。今回は、モリチュウさんと協力してますいいの住宅に取り付けるためのオリジナルのデザインの表札を作っていただく予定である。今日のところは下打ち合わせ、デザイン案がまとまったらHPでもご紹介したいと思っている。

2018/11/06

昼間はお付き合いで雑務。

終了後、久しぶりに畑で収穫作業である。秋は収穫の時期、夏の終わりに種をまいた小松菜やかぶ、水菜や春菊といった野菜がたくさん採れる。春に植え替えをしたネギもだいぶ太ってきた。里芋を掘り返してみると、これまた丸々と太っておりとっても美味しそうな状態である。夏野菜のしし唐やナスはもう株の力も尽きて終わりを迎えてしまった。数か月にわたって美味しい野菜を提供してくれた株たちには感謝感謝である。写真には採れたてのしょうがとレタスも映っている。こういう野菜は採れたてが本当においしいものだ。瑞々しいだけでなく、なんとなく甘さも感じるから不思議である。虫が美味しそうに食べるのもうなづけるのだ。

20181106.jpg

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

201812

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログアーカイブ

201120102009
200820072006
200520042003
2002

page top