ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/galleryコンセプト/concept現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > コンセプト > 自然素材を使った家創り

コンセプト

調和の取れたほどよい空間

家は家族の生活する大切な場所です。
日本という文化の中で、伝統や既成概念にとらわれることなくこれからの日本の建築を作っていきたい。
これがますいいが日々考えていること。
決して奇をてらうデザインをするのではなく、住まいとして調和の取れたほどよい空間を作りたい。
そのためにますいいでは次のような家造りをしていきます。

  1. 住宅デザイン。建て主の趣味、志向に合った、世界に1つだけの家を建築家の設計で提供します。一見不可能な要求、他では断られてしまうようなことでも実現させていきます。
  2. 自然素材を用いた健康住宅。気持ちよく生活するためには人にも自然にもやさしい住まいを作るべきであると考えます。無垢材やしっくいの塗り壁をはじめとする自然素材をふんだんに使用した家づくりを行っています。
  3. セルフビルド&ローコスト。「自分の家は自分で建てる」という意気込みさえあれば、コストダウンをすることが可能です。ますいいでは、できる限り、建て主によるセルフビルドをお勧めしています。
  4. 原価公開。ますいいの家づくりでは、価格の不透明さを完全に撤去し、建て主が納得できるように工事原価をご自身で確認できる、原価公開を行っています。また、材料、工法の工夫によるコストダウンを行い、建て主によるセルフビルドもお勧めしています。
  • デザイン
  • 自然素材を使った家創り
  • ローコスト/セルフビルド
  • 2世帯住宅
  • 原価公開

自然素材を使った家創り

健康・自然素材

毎日生活する家だからこそ、ますいいでは健康・自然素材を取りいれることにこだわります。
日本では住宅を30年くらいで壊してしまうことが当たり前のように考えられています。これがヨーロッパの国々では50年から古いものでは300年というものまで価値のある中古住宅として流通しているのです。ちょうど日本の古民家が一部の地方で重宝されているようなことがあたりまえのこととして行われています。
日本には住宅を手直しして大切に受けついでいくという習慣がありません。しかしこれからの時代、これまでのように大量に消費していくことがよくないことは明らかです。
親から子へ受けつぐことのできる大切なものとして家を造るからこそ、愛着がわき体にやさしく、そしていつの時代にも変わらぬメンテナンスのできる健康・自然素材を利用していきたいと考えています。


石灰クリームの内装-健康・自然素材(さんかくの家)

石灰クリームの内装-健康・自然素材

石灰岩を焼いたものが生石灰。これを水と反応させることで出来るクリーム状のものが生石灰クリームです。生石灰クリームは漆喰と同様、空気中の炭酸ガスと反応して炭酸カルシウムとなり硬化します。このクリームは、日本の伝統的な白い壁としてあげられる漆喰同様、環境に悪影響を及ぼすこともなく、有害化学物質を発生させることもない健康・自然素材です。美観に富むとともに、保温性・調湿性・長期的な堅牢性といった長所を兼ね備えた材料です。(抜粋)


施主自ら塗装した家具 のオスモ白染め・フロアのオスモ黒染め-健康・自然素材(八幡木の家)

施主自ら塗装した家具 のオスモ白染め・フロアのオスモ黒染め-健康・自然素材

住宅に無垢の木を利用する場合、その保護などのために塗装を施します。特に床板などには塗装を施すことをお勧めします。その際によく利用するのがオスモウッドワックスです。健康・自然素材で作られており、お子様などにも安心です。また、表面にウレタンなどの皮膜を作らないため材木の呼吸を妨げません。


フレンチパインに柿渋塗装の床-健康・自然素材(所沢の家)


かば桜の床-健康・自然素材(浦和の家)

無垢材の床-健康・自然素材

無垢材の床には大きく分けて2種類あります。ひとつは杉やパインなどの柔らかい木です。ますいいではフレンチパインや秩父の杉板をよく利用しますが思わずはだしで歩きたくなるような暖かさがあります。また、これらの木はやわらかいため傷が付きやすいことに注意が必要です。でも椅子のあとや小さな生活の中での傷が刻み込まれることで生活観のある本当の温かみ、「味」が出るとも考えられます。
また、チークなどの堅い木もよく利用します。傷が付きにくいのが特徴ですが足ざわりはやはりちょっと冷たい感じがします。桜やナラなどさまざまな木味があるので、色合いや雰囲気を自由に選定できる自由さがあります。


不燃パインを貼った外壁-健康・自然素材(中青木の診療所兼住宅)

外壁の木部-健康・自然素材

外壁にも木を利用することがあります。外壁の場合は防火構造の規定のためにそれほど自由に選定できるわけではありませんが、最近では燐酸処理された燃えにくい木というものが利用されています。代表的なものとしてチャネルオリジナルの外壁材やこしい不燃木材の外壁材などがありますが、いずれも価格は安くはありません。しかし、塗装を施すことでしっかりと外部環境から保護できますし、建築のデザインと調和させることで暖かみのある建築にすることが出来ます。


杉のはぎ板を利用した手摺-健康・自然素材(浜田山の家)


杉屋久島の杉を張った内装-健康・自然素材(屋久島の家)

地元の材料を利用する-健康・自然素材

ますいいでは埼玉県の飯能で採れる西川材の細い板をはぎ合わせて製作した大板を採用しています。一枚板では不可能な大きなサイズの要求も、集成材なら実現出来ます。西川材本来の質感を損なわず、木目の美しさを活かした意匠性の高いはぎ合わせは、テーブル・カウンターやキッチンのトップ、棚やキャビネット類など、様々な用途に利用出来ます。使用材は杉とひのきの2種類です。

屋久島の家では島で採れた杉板を利用しました。その場所で取れたものを利用することは環境的にもエコですし、また風土に合った材料はその土地にたつ家に最も適しているといえるでしょう。

page top