画家
芳賀 啓

アメリカでは建築家とチームを組み、ディズニーランド、ラスベガスのカジノ等の大型施設や店舗・住宅等の壁画を数多く手がけていました
TROMPE L'OEIL(壁面や天井など実際にはそこに存在しない扉や窓、風景などの空間を描き、あたかも存在するよう見せる)を得意とし、高い技術を要する仕上げの担当を行っていました
新たな空間を作り出すことのできる壁画を、日本の店舗や住宅でも楽しんで頂けたら幸いです

プロフィール

サンフランシスコAcademy of Art大学卒業

現在Academy of Art大学講師

ディズニーランド(香港)ディズニーワールド(フロリダ)ロイヤルカリビアンクルーズライン、そしてラスベガスを始めとするシーザーズパレス、ミラージュ、MGMなどのカジノやリゾートの壁画を数百点手がけていました。

バレエ絵画を中心とした独自の制作活動に励み、Rive Gauche ギャラリー(アリゾナ州スコッツデール)、Howard/Mandvilleギャラリー(シアトル)上野松坂屋、横浜そごう(他多数)などの数々の個展経歴を持っています。

NY Society of Illustrators, San Francisco Society of Illustrators,現創展などを含む受賞、入賞歴多数。現創美術協会審査員。

閉じる